茨木工科高校とは
トップ >  茨木工科高校とは >  校長ごあいさつ

校長ごあいさつ

 
茨木工科高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 校長の田尻 肇(たじりはじめ)と申します。  本校は、北摂唯一の府立工業高校として、1963(昭和38)年に創立された、前身の茨木工業高校から数えると54年の歴史と伝統を持つ高校です。2005(平成17)年に工科高校に再編整備され、2014(平成 26)年には新たに工学系大学進学専科を開設しました。1万5千人を越える卒業生は、府内はもとより全国、そして世界中で活躍しており、有為な人材を産業界はじめ各方面に送り出す専門高校として地域社会の信頼を得ています。現在も多くの生徒が在学中に国家資格試験や検定試験に合格するなど、力を伸ばし、希望者のほぼ全員が就職、大学進学等の進路実現を果たしています。

 本校の特色を簡単に紹介しますと次のとおりになります。


1.総合募集の専科(機械系、電気系、環境化学システム系)及び工学系大学進学専科の4つの系をもつ工業科の専門高校です。工学系大学進学専科は1クラス40名、単独募集です。総合募集の専科での就職内定率は100%です。

2. 2014年度からスタートした工学系大学進学専科では、工業の専門科目に加え、数学・理科・英語の時間数を増やし、四年制の理工学系大学進学のためのカリキュラムを充実させ、理工学系大学進学率100%をめざしています。

3. 各種資格取得指導に力を入れており、電気工事士・危険物取扱者等の国家資格にも毎年多数の合格者を出しています。

4. アルミ製の朝礼台の製作・寄贈、茨木市イルミネーション事業への参画等、ものづくり技術を活用した地域貢献活動で成果をあげています。

5. 毎年、全国大会に出場している自転車競技部をはじめ、多くの生徒がクラブ活動にも熱心に取り組んでいます。

6. 府立高校では初めての試みである「小型人工衛星の打ち上げ」をめざして、さまざまな取り組みを行っています。



 それぞれの取り組みについて、詳しくは、このHPに紹介されております。また、日々の教育活動についても、頻繁に更新しておりますので、是非、ご覧いただきたいと思います。よろしくお願い申しあげます。
 

▲ ページのトップへ